ダイエットシェイクのリバウンドを予防

ダイエットシェイクの口コミランキング

ダイエットシェイクのリバウンドを予防するには、やめる時のペースと適度な運動が大切です。

ダイエットシェイクTOP > リバウンド

ダイエット後のリバウンドに注意

ダイエットをする上で最も多い失敗例がリバウンドです。

リバウンドとは、ダイエットで減量に成功した後、減らした体重を維持できずに、結局ダイエット前の体重に戻ってしまうことです。

リバウンドは特に食事制限によるダイエットに起こりやすく、ダイエットを終えて元の食生活に戻る際、つい食べ過ぎてしまうことが最大の原因と言われています。

ただ元の体重に戻ってしまうだけならまだしも、リバウンドを繰り返すと痩せにくい体となり、最悪の場合、ダイエット前よりも体重が増えてしまう可能性があります。

よって、ダイエットの最終目標は『リバウンドせず、体型を維持する』ことにあると言えるでしょう。

ダイエットシェイクのリバウンドを予防するには

ダイエットシェイクは、通常の1食分の食事と置き換えて1日の総摂取カロリーを抑えるカロリー制限ダイエットです。

そのため、通常の食事制限ダイエット同様、リバウンドには十分気をつける必要があります。

リバウンドをせず、ダイエット効果を維持するためには、以下の点に注意しましょう。

1.徐々に元の生活に戻す

ダイエットシェイクの場合、1日3食のうち、1食または2食を置き換えるようになります。

最初は無理なく1食、慣れてきたら2食と置き換えるのが基本ですが、2食の置き換えからいきなり元の食生活に戻ろうとすると、カロリーがオーバーしがちです。

そのため、ダイエットシェイクをやめるときは、まずは2食から1食の置き換えに減らし、その後時間を置いてから元の食生活に戻していくとよいでしょう。

2.適度な運動を心がける

ダイエット後も体重を維持するためには、基礎代謝率を上げることが大切です。

私たち人間は、体温を保ったり、呼吸をしたり、心臓を動かすなど、生命維持に必要な動作を行うために、無意識のうちにエネルギーを消費しています。これが基礎代謝です。

この基礎代謝率が高いと、何もしていなくても大量のエネルギーが消費されるため、痩せやすく、太りにくい体を作ることができるのです。

基礎代謝を上げる最も手っ取り早い方法は、日常的に適度な運動を心がけることです。筋肉を鍛えると基礎代謝量が増え、特に何もしていない間でもエネルギーがどんどん消費されるようになります。

よって、ダイエットシェイクでダイエットしている間も、適度な運動を心がけ、リバウンドしづらい体を作っていくことが大切と言えるでしょう。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) ダイエットシェイクの口コミランキング All Rights Reserved.